読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はにゃぁ〜、
快晴とは行かぬが晴れてくれたにゃぁ〜。
あの雨風にも桜の花は耐えてくれたよぉで
我が仕事部屋の窓の正面にある桜が良い風情にゃん。


いよいよ百花繚乱の季節が始まるにゃぁ〜。
朝陽を浴びて近所の庭のムスカリが存在を主張してたど。


少し陽当たりの悪い場所では
著莪の花がひっそり咲いてたのを見っけ
地味だどもデリケートな形態が拙猫は好きニャロメ。